faxでのご注文・修理

車椅子グローブの貸し出し

グローブの安全な使用方法

グローブ取り扱いの注意

※色落ち、変形、変質注意※

  • 革製品のアレルギー、その他、お肌に異常がある場合は仕様を中止し、医師にご相談の上ご利用下さい。
  • 天然皮革は、濡れたり、汗をかいたり、日焼けなどにより色落ち、変色する場合があります。特に色の濃い革や、水に濡れた時など、衣服に色が移る場合がございます。革は熱に弱く、繊維のように高温で染めることが出来ないので 多少の色落ちを防ぐ方法はありませんので、取り扱いにはご注意下さい。
  • 車内など、高温になる場所への放置、ドライヤ、アイロンなどの使用、シンナー、ベンジン等の使用、湿度が高いところへの放置や保管は、革の硬化、変質、カビの発生につながりますので、絶対におやめ下さい。
  • 天然皮革は、水を含むと、乾く段階で水分と一緒に油分が抜けて繊維が縮んで硬くなります。水分に大変弱いので 水に濡らしてしまった場合は、出来るだけ早く、乾いた布で叩くように水分をとり、形を整えて陰干しして下さい。
  • 生ゴムに水分や油分、ほこりなどが付着した場合は、ゴムが滑りやすくなりますのでご注意ください。
  • マジックテープ部分にほこりなどが詰まると、外れやすくなり大変危険です。ほこりや糸くずなどが詰まっていないか確認し、詰まっている時は、すぐに取り除いて下さい。

グローブのお手入れ

  • 毎日のお手入れは、汚れている場合は乾いた布で拭くか、固く絞った布で軽く拭き取って下さい。グローブを外している時は、グローブを開いて置き、内側の汚れを除菌タイプのウエットティッシュなどで拭き、通気性を良くして、乾かして下さい。同じものを毎日使うと、当然の事ながら、痛みは激しくなります。グローブにも時々お休みをあげて下さい。代わりがある場合は、交互に使うと長持ちします。
  • ※グローブは、風通しの良い、乾燥した、日の当らない場所に保管して下さい。
  • 天然皮革は、水分にとても弱いので水洗いは避けて下さい。どうしても本格的に洗いたい場合は、革専用の石鹸で洗って下さい。その際は、使用方法などをよく読んで、ご利用下さい。洗うと革の寿命は縮まります。革とゴムの接着も剥がれる可能性があります。水で洗った場合は、乾かし方に特に注意して下さい。乾く前の半乾きの状態で何度か手にはめて伸ばし、形を整えながら乾かして下さい。伸ばさずに乾かすと、硬く縮みますのでご注意ください。
  • ※時々、スプレータイプのミンクオイルを付けてあげて下さい。(ゴム、マジックテープ部分には絶対付けないように注意して下さい) メッシュ革になりますので、スプレータイプのみをご利用下さい。スプレータイプがない場合は、ペーストタイプでも構いませんが、付け過ぎないよう注意して下さい。オイルは薄っすら付く程度で十分です。
Copyright(C)2010 MSY車椅子グローブ専門店. All Rights Reserved.